for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

地銀決算に注目、今年は厳しくなるとの見方も=今週の米株式市場

[ニューヨーク 15日 ロイター] - 18日に始まる週の米株式市場では一連の地銀決算が注目されそうだ。S&P500地銀株指数は今年に入ってから11%上昇。規模の大きな銀行なども含む銀行株指数の上げ幅を約1%ポイント上回っており、決算内容で真価が問われることになる。

地銀とその他の銀行はともに、追加財政刺激策で経済成長が押し上げられるとの見方から米国債利回りが上昇していることを受け、S&P500指数をアウトパフォームしている。

比較的規模が小さい銀行は、景気回復の初期段階でアウトパフォームしやすい傾向にある。これは米国債利回り上昇の影響を受ける商品に対する収益依存度が規模の大きな競合よりも大きいためだ。

決算ではこのトレンドが維持されるのかどうかが示される見通し。

ガベッリ・グローバル・フィナンシャル・サービシズ・ファンドのポートフォリオマネジャー、イアン・ラペイ氏は、新型コロナウイルス流行に伴うロックダウン(都市封鎖)では痛みの大半が地銀の顧客となる小規模企業や中低所得層に表れていると指摘。「(今年は)地銀にとって厳しい年になるだろう。金利は上昇しているが、依然として非常に低い。失業率は依然として高く、ワクチンがあるとしても急速に回復しないだろう」と述べた。

そのため同氏は、ウェブスター・フィナンシャル・コープやファースト・シチズンズ・バンクシェアーズといった「ピカピカの信用の質」を持つ地銀のみを保有。両行ともに年初来で10%超上昇している。

ザイオンズ・バンコープ、ファースト・ミッドウェスト・バンコープ、ユナイテッド・コミュニティー・バンクスを含む地銀は19日に四半期決算を発表する予定となっている。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up