April 4, 2018 / 2:46 AM / in 21 days

トランプ米大統領、早期のシリア撤収を希望 スケジュール未定

[ワシントン 3日 ロイター] - 米国のトランプ大統領は3日、シリアに駐留する米軍の早期撤収を望んでいると述べたが、具体的なスケジュールは明らかにしなかった。一方で大統領の顧問らは、同国が主導する過激派組織「イスラム国(IS)」掃討と地域の安定化にはまだ努力を要すると考えている。

 4月3日、米国のトランプ大統領(写真)は、シリアに駐留する米軍の早期撤収を望んでいると述べたが、具体的なスケジュールは明らかにしなかった。写真はワシントンで撮影(2018年 ロイター/Kevin Lamarque)

トランプ大統領は記者会見で、米国は「ISを掃討するまで米国は休息しない」としつつ、勝利は目前だと述べた。

国防総省と国務省は、ISの敗北が継続的なものであることを確実にするため、米国は長期にわたる努力が必要だとみている。

トランプ大統領は、米軍を撤収したいかとの質問に対し「その時が来た」と発言。「(ISに対して)われわれは大きな成功を収めた。どんな相手に対しても軍事的に成功を収めることができるだろう。だが、撤収すべき時もあり、それを非常に真剣に考えている」と述べた。

米国はシリアでほぼ毎日、空爆を行っており、約2000人の部隊を配備している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below