January 7, 2019 / 12:32 AM / 6 months ago

米軍シリア撤収、トルコによるクルド人攻撃回避が条件=米補佐官

 1月6日、ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当・写真)は、シリアからの米軍撤収決定について、米軍が支援してきたシリアのクルド人勢力を攻撃しないとトルコが確約することが条件になるとの考えを示した。ワシントンで昨年11月に撮影(2019年 ロイター/Kevin Lamarque)

[エルサレム 6日 ロイター] - ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は6日、シリアからの米軍撤収決定について、米軍が支援してきたシリアのクルド人勢力を攻撃しないとトルコが確約することが条件になるとの考えを示した。

トランプ米大統領は前月、議会や同盟国との相談なく、シリアに駐留する約2000人の米兵の撤収を突然決定。

ボルトン氏は、6日にイスラエルの当局者らとの会談するのを前に記者団に対し、米軍のシリア撤収は、過激派組織「イスラム国」(IS)が「勢力を失い、再び拡大し脅威となることができない」と保証される形で行われると説明。

また、「イスラエルと地域のその他の友好国の安全が完全に確保され、ISや他のテロ組織の掃討で米国とともに戦った人たちも守る」ことになるとした。

シリアでのIS掃討で米軍と共闘したクルド人勢力の安全をトルコが保証するまで米軍撤収は行わないのかと問われると、「基本的にそうなる」と応じ、トルコのエルドアン大統領ら政府幹部との会談で、クルド人勢力の安全確保を訴える意向を示した。トルコには7日に訪問する。

シリアのIS掃討ではクルド人の民兵組織、人民防衛部隊(YPG)が大きな役割を果たしてきた。ただ、トルコはYPGを自国で独立闘争を続けてきたクルド労働者党(PKK)の分派と見なしており、米軍がYPGと連携していることに不快感を示してきた。

アナトリア通信によると、トルコのカルン大統領府報道官は、PKKやシリアで活動するPKKの分派はテロ組織だとし、「トルコはクルド人をこのテロ組織の残虐行為と弾圧から守るために戦ってきた」と強調した。

トランプ大統領は同日、米軍をシリアから撤退する考えをあらためて表明したが、「それほどまで早期になるとは一度も言っていない」と述べ、すぐには行わない可能性を示した。

これに先立ち、米国務省の高官は4日、「米軍のシリア撤収は期限を設定していない」と明らかにしている。高官は「米国や同盟国とパートナー国がISへの圧力を維持し、テロリストにつけいる隙を与えない形で撤収することになる」としており、IS掃討が終了するまで駐留を続ける可能性を鮮明にした。一方で、米軍の駐留を無期限に続ける考えはないことも明確にした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below