Reuters logo
中国大使館、米政府の台湾への武器売却方針に激怒 中止を要請
2017年6月30日 / 08:22 / 5ヶ月後

中国大使館、米政府の台湾への武器売却方針に激怒 中止を要請

[北京 30日 ロイター] - 在米中国大使館は、米国による台湾への武器売却方針に対し即座に「誤った決定」と非難、米政府に中止を求めた。米国は、北朝鮮の核・ミサイル開発を抑えるため経済・外交的な圧力を強めるよう中国に求めているが、これに悪影響が出る恐れがある。

 6月30日、在米中国大使館は、米国による台湾への武器売却方針に対し即座に「誤った決定」と非難、米政府に中止を求めた。写真はカリフォルニア州バーリンゲームで2017年1月撮影(2017年 ロイター/Stephen Lam)

トランプ米政権は29日、総額14億2000万ドルの台湾向け武器売却計画を議会に通知した。台湾への武器売却は同政権で初めて。

これに対し中国大使館は、同日夜に公表した声明で「中国の政府と人民は、激怒する十分な権利がある」と反発。武器売却は「台湾独立」を目指す勢力に非常に誤ったメッセージを発信すると指摘した。

さらに大使館は「米国側の間違った動きは、両国首脳が(トランプ大統領のフロリダ州の別荘)マー・ア・ラゴで合意した内容や、両国関係の前向きな発展に逆行するものだ」と非難した。

一方、台湾の蔡英文総統の事務所は30日、米国による武器売却により台湾は自信を深め、平和と安定を維持する能力が高まるだろうと述べた。

米国務省によると、売却計画には早期警戒レーダーへの技術支援や高速対レーダーミサイル、魚雷、ミサイル部品などが含まれる。

*内容を追加しました。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below