Reuters logo
中国大使館、米政府の台湾への武器売却方針に激怒 中止を要請
2017年6月30日 / 07:32 / 5ヶ月後

中国大使館、米政府の台湾への武器売却方針に激怒 中止を要請

[北京 30日 ロイター] - 在米中国大使館は、米国による台湾への武器売却方針に対し即座に「誤った決定」と非難、米政府に中止を求めた。

トランプ米政権は29日、総額14億2000万ドルの台湾向け武器売却計画を議会に通知した。台湾への武器売却は同政権で初めて。

これに対し中国大使館は、同日夜に公表した声明で「中国の政府と人民は、激怒する十分な権利がある」と反発。武器売却は「台湾独立」を目指す勢力に非常に誤ったメッセージを発信すると指摘した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below