for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

台湾関連法案、米上院委員会の可決に中国が抗議

9月15日、中国外務省の毛寧報道官は、米上院外交委員会が台湾政策法案を可決したことを受けて、米国に「厳重な抗議」を行ったと明らかにした。写真は台湾の旗。台北で8月撮影(2022年 ロイター/Ann Wang)

[北京 15日 ロイター] - 中国外務省の毛寧報道官は15日、米上院外交委員会が台湾政策法案を可決したことを受けて、米国に「厳重な抗議」を行ったと明らかにした。

定例会見で、このまま成立すれば米中関係に影響が及ぶと警告した。「台湾独立の分離主義勢力に深刻な誤ったシグナル」を送るものだと批判した。

「中国はこれに断固として反対し、米側に厳粛な抗議を行った」とし「中国は一つであり、台湾は中国の領土の不可分の一部であり、中国はぶれることなく国家の完全統一を推進すると伝えた」と述べた。

台湾政策法案は米国による台湾への軍事支援を大幅に強化する内容のほか、中国が台湾に対し敵対行動に出た場合の対中制裁に関する文言も盛り込まれている。採決結果は17対5で超党派による支持が示された。

]

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up