for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米国務省、台湾への武器売却計画を承認 22億ドル相当=国防総省

[ワシントン 8日 ロイター] - 米国防総省は8日、台湾への武器売却計画を米国務省が承認したと明らかにした。22億ドル相当の戦車やスティンガーミサイルなどが売却される可能性がある。

中国外務省は6月、米国が台湾への武器売却を進めようとしているとの報道を受けて深刻な懸念を示した。

台湾は米国にM1A2Tエイブラムス戦車108両やスティンガーミサイル250基の売却を要請している。

国防総省の国防安全保障協力局は、台湾への武器売却によって周辺地域の基本的な軍事的均衡が変わることはないと説明した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up