Reuters logo
米上院共和党、予算決議案可決に必要な票党内で確保か
2017年10月18日 / 21:12 / 1ヶ月後

米上院共和党、予算決議案可決に必要な票党内で確保か

[ワシントン 18日 ロイター] - 米上院共和党のコーニン院内幹事は、18日の時点で、2018会計年度(17年10月─18年9月)予算の大枠となる予算決議案の通過に必要な票を上院共和党内で確保したもようだと明らかにした。

 10月18日、米上院共和党のコーニン院内幹事は、同日の時点で2018会計年度(17年10月─18年9月)予算の大枠となる予算決議案の通過に必要な票を上院共和党内で確保したもようだと明らかにした。写真はワシントンの連邦議会議事堂。2016年12月撮影(2017年 ロイター/Joshua Roberts)

上院は19日に予算決議案の採決を行う予定で、同案が通過すれば、トランプ政権の税制改革法案の年内可決に道が開ける。

上院の共和党議席は52議席。民主党からの賛成が見込めないことを踏まえると、予算決議案可決には共和党議員ほぼ全員の賛成が必要になる。反対票を投じる可能性を示しているのは、厳格な財政規律を重視するランド・ポール上院議員のみで、他に造反者は出ないもよう。

コーニン氏は、共和党内で十分な票を集められるかとの質問に「可能だと思う」と述べ、共和党単独で可決できる可能性を示した。

予算決議案は既に下院で可決済み。同案が上院でも可決されれば、トランプ大統領の税制改革法案が上院で過半数で可決できる環境が整う。上院は野党の議事妨害を回避するため通常100議席中、60票の賛成が必要になるが、予算決議の可決により過半数で税制改革法案を可決できる効力が発生し、共和党は単独で税制法案を通過させることができる。

*内容を追加しました。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below