September 6, 2018 / 11:48 PM / 2 months ago

米下院歳入委、税制改革第2弾を来週提出 10月1日までに採決へ

 9月6日、米下院歳入委員会のケビン・ブレイディ委員長は、新たな税制改革法案を来週提出することを明らかにした。写真は米議会の建物。2010年1月撮影(2018年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 6日 ロイター] - 米下院歳入委員会のケビン・ブレイディ委員長は6日、新たな税制改革法案を来週提出することを明らかにした。両院での採決を10月1日までに行う見通し。

ブレイディ委員長は記者会見で「『税制改革2.0』を来週に提出する予定で、その前に文面を公表する」と説明。「9月が終わる前に、下院に回されるだろう」と述べた。

委員長によると、下院歳入委は法案作成においてトランプ大統領や政権幹部と緊密に協力しているという。トランプ大統領は6日夜、下院の共和党議員と計画について協議する見通し。共和党議員らは中間選挙を11月6日に控え、法案の成立を推進したい考え。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below