Reuters logo
米下院が予算決議案を僅差で可決、税制改革巡る審議本格化
2017年10月26日 / 20:22 / 25日前

米下院が予算決議案を僅差で可決、税制改革巡る審議本格化

[ワシントン 26日 ロイター] - 米下院は26日、税制改革に向けた予算決議案を賛成216、反対212の可決した。税制改革を巡る議会審議が本格化する。

民主党議員が全員反対したほか、共和党からも20人が反対にまわり、僅差での可決となった。

予算決議は2018会計年度(17年10月ー18年9月)予算の大枠を定めたもの。決議の成立により、共和党は単独での税制法案の承認が可能となる。

トランプ政権は9月、法人税率の35%から20%への引き下げや、所得税率の区分の簡素化などを盛り込んだ税制改革案を発表した。同案をたたき台とした税制改革法案は来週1日にも明らかとなる見通し。

トランプ大統領はツイッターで「大ニュース。予算決議がたった今通過した」と書き込んだ。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below