July 29, 2018 / 11:09 PM / in 4 months

トランプ減税、世界の投資フローを阻害=OECD

 7月27日、OECDが公表したリポートによると、トランプ米大統領(写真)が実施した減税が、世界的な投資フローの大きな阻害要因となった。ワシントンで6月撮影(2018年 ロイターJonathan Ernst)

[パリ 27日 ロイター] - 経済協力開発機構(OECD)が27日公表したリポートによると、トランプ米大統領が実施した減税が、世界的な投資フローの大きな阻害要因となった。米国では1─3月期、2005年以降で初めて、国外への投資よりも国内に還流させる資金のほうが多くなった。

リポートによれば、世界的な外国直接投資(FDI)額は1360億ドルと、前期の2420億ドルから44%減少した。

米国の対外投資がマイナスに転じたことによるものが大きい。米企業は1─3月期、海外投資よりも、海外子会社の利益の国内送金を増やした。同期の米対外投資はマイナス1450億ドル。05年10─12月期以降で初のマイナスを記録した。

OECDのマリア・ボルガ氏はロイター通信に対し、「米国は通常、世界最大の投資資金の出し手だ。同国の対外投資がマイナスとなれば、世界の投資フローに大きな影響をもたらす」と指摘した。

*写真を付け、カテゴリーを追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below