October 31, 2018 / 10:57 PM / 13 days ago

米ホワイトハウスと共和党、中間層向け減税で来年「迅速な行動」

 10月31日、米ホワイトハウスと下院歳入委員会の共和党メンバーは、中間層向けの10%減税について「迅速な行動」を取る方針を表明した。写真は米議会。2017年9月撮影(2018年 ロイター/Joshua Roberts)

[ワシントン 31日 ロイター] - 米ホワイトハウスと下院歳入委員会の共和党メンバーは31日、共同声明を発表し、中間層向けの10%減税について来年に「迅速な行動」を取る方針を表明した。

1月からの新議会の初めに減税法案を推進する方針。減税計画の詳細には触れていない。

11月6日の中間選挙を前に、トランプ大統領は今月、中間所得層向けに10%の減税を検討していると表明した。昨年実現した税制改革では、恩恵を受けるのは富裕層や企業との批判が出た経緯がある。

中間選挙で共和党が下院の過半数を失えば、減税法案の検討は事実上、無意味になる。世論調査によると、民主党は下院の過半数獲得に必要な23議席の純増を達成する可能性がある。

共和党が下院と上院の双方で過半数を維持したとしても、財政赤字への影響を巡る懸念を踏まえると、法案可決は容易ではない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below