for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米上院委、ツイッターなどに召喚状送付も 民主党トップは反対

9月24日、米上院商業科学運輸委員会は、ツイッターやアルファベット傘下のグーグル、フェイスブックの最高経営責任者(CEO)が10月1日の公聴会で証言することを拒否した場合、召喚状を送る方針だ。写真は3社のロゴ(2020年 ロイター)

[ワシントン 24日 ロイター] - 米上院商業科学運輸委員会は、ツイッターTWTR.NやアルファベットGOOGL.O傘下のグーグル、フェイスブックFB.Oの最高経営責任者(CEO)が10月1日の公聴会で証言することを拒否した場合、召喚状を送る方針だ。

同委員会は、ユーザーが投稿したコンテンツを巡る法的責任からインターネット企業を保護する通信品位法230条について公聴会を開く予定。

230条を巡っては、インターネット企業が保守派の声を抑圧しているとトランプ氏が非難したことを受け、大統領選を前に見直しを求める機運が高まっている。ただ、法改正が年内に議会で承認される可能性はほとんどない。

ウィッカー委員長の報道官は、インターネット企業が1日の公聴会への出席に同意しなければ、同委員会が召喚状を出すことをロイターに確認した。

ただ、同委員会の民主党トップ、マリア・カントウェル議員は、大統領選を控えて、政治的な利益のために、召喚状を利用することに反対すると表明。

同議員のスポークスマンによると、召喚状にはウィッカー委員長とカントウェル議員の双方の署名が必要で、24日の送付は不可能。今後、採決の日程を決め、過半数の支持が得られれば、ウィッカー委員長が後日、召喚状を送付できる。採決は10月1日に実施予定。

トランプ氏は23日、司法省が230条の具体的な改正案を発表したことを受け、この問題について9つの州の共和党司法長官と協議を行った。[nL3N2GK466]

トランプ氏は協議後、記者団に対し「近年、影響力を持つ少数のインターネットプラットフォームが米国の商業や通信を巡る支配力を強めている」と指摘した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up