for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サムスン電子のテキサス州半導体工場、生産が通常水準近くに

 3月30日、韓国のサムスン電子は、米テキサス州オースティンの半導体工場の生産が、先週時点で通常の水準近くまで戻ったことを明らかにした。写真は同社のロゴ。ジャカルタで2017年9月撮影(2021年 ロイター/Beawiharta)

[ソウル 30日 ロイター] - 韓国のサムスン電子は30日、米テキサス州オースティンの半導体工場の生産が、先週時点で通常の水準近くまで戻ったことを明らかにした。

同工場では1カ月以上にわたって生産が混乱、世界的な半導体不足を悪化させる要因となっていた。テキサス州では寒波の影響で複数のメーカーの半導体工場が2月16日に操業を停止していた。

サムスンは、生産がいつ完全に正常化するかについてはコメントを控えた。

調査会社トレンドフォースによると、同工場では、米クアルコムの5G用の高周波半導体と、サムスンのディスプレー用半導体、画像センサー半導体が、月間生産の約65%を占めている。

ソウルの複数のアナリストによると、電源管理用IC (PMIC)のほか、電気部品を制御する半導体も少量、生産している。

トレンドフォースによると、生産の混乱は4ー6月の世界のスマートフォン生産を約5%減らす要因となる見通し。今年の5G対応スマートフォンの普及率が低下する可能性もあるという。

ケープ・インベストメント&セキュリティーズ(ソウル)のアナリストは「スマートフォンメーカーは半導体の在庫はあるが、スマートフォンの在庫は現在少なく、同工場の操業停止により、今年下半期のスマートフォン生産に一定の影響が出る可能性がある」と指摘した。

アナリストは、同工場の生産混乱に伴う損失を3000億ー4000億ウォン(2億6500万ー3億5300万ドル)前後と推計。大半は4月発表の1-3月期決算に反映されると予想している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up