June 26, 2018 / 10:27 PM / 5 months ago

輸入車関税で米消費者の負担450億ドル増、業界団体が警告へ

 6月26日、米自動車工業会(AAM)は、米国が安全保障を理由に輸入車(乗用車)に最大25%の関税を導入すれば、米消費者が負担するコストは車両1台当たり5800ドル、年間で450億ドル拡大するとの見通しをトランプ政権に伝える方針を明らかにした。写真はトランプ大統領。ホワイトハウスで撮影(2018年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 26日 ロイター] - 米自動車工業会(AAM)は26日、米国が安全保障を理由に輸入車(乗用車)に最大25%の関税を導入すれば、米消費者が負担するコストは車両1台当たり5800ドル、年間で450億ドル拡大するとの見通しをトランプ政権に伝える方針を明らかにした。

米ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)やトヨタ自動車(7203.T)、フォルクスワーゲン(VW)(VOWG_p.DE)などを代表するAAMは週内に米商務省に書簡を送り、前年の自動車販売に基づき、関税による米消費者への影響に関する試算を伝える見通し。

*写真とチャネルを追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below