June 4, 2018 / 6:46 PM / 14 days ago

カナダ、米関税に早期対抗せず 国内業者保護へ「あらゆる措置」

[オタワ 4日 ロイター] - カナダ政府は4日、米鉄鋼・アルミニウム関税から自国の鉄鋼・アルミ業界を守るために必要なあらゆる措置を取ると強調した。ただ、業界が求める対抗措置の早期導入には消極的で、検討には時間が必要との考えを示した。

6月4日、カナダ政府は、米鉄鋼・アルミニウム関税から自国の鉄鋼・アルミ業界を守るために必要なあらゆる措置を取ると強調した。写真はカナダのオンタリオ州の鉄鋼工場で3月撮影(2018年 ロイター/Mark Blinch)

ベイン・イノベーション・科学・経済開発相は鉄鋼・アルミ業界との話し合いはまだ始まったばかりとした上で、「彼らを支援するために何ができるかを真剣に協議している」と説明。「あらゆる選択肢を検討する」と話した。業界支援について協議した閣議後に記者団に応じた。

トルドー首相は鉄鋼業界トップとの会合後、「労働者のために立ち上がる」と述べた。

カナダ政府は昨年6月、国内木材産業に対する米国の相殺関税適用の打撃を和らげるため、総額8億6700万カナダドル(6億7060万米ドル)の支援を発表。当局者によると、同様の支援が検討されているという。

カナダ鉄鋼生産者協会のガリンベルティ会長は、業界から政府への公式な支援要請はしていないと述べたが、対抗措置はできるだけ早く打ち出すべきと主張。「注文を変更したり、見送ったりする顧客が出ている。カナダの鉄鋼にとって切迫した事態だ」と語った。

トルドー首相はその後、急いで対応するつもりはないと議会で明言。対抗関税の妥当性を検討するため、公聴会を開く考えを示した。

*写真とチャネルを追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below