September 18, 2018 / 1:16 PM / 3 months ago

アップルCEO、米中通商問題の解決を「楽観視」

[18日 ロイター] - 米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は18日、米国と中国がいずれ通商問題を解決することを楽観視していると語った。

クックCEOはABCニュース番組「グッドモーニング・アメリカ」に対し、貿易は「ゼロサムゲーム」ではないと指摘し、米中両国が問題を解消することに「楽観的だ」と述べた。

米通商代表部(USTR)が前日公表した追加関税対象リストによると、アップルの腕時計型端末「Apple Watch(アップルウオッチ)」など一部のハイテク製品は対中関税第3弾の適用対象から除外される見通しとなった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below