December 20, 2019 / 2:31 AM / 8 months ago

カナダ首相が自国民の解放訴え、米は中国との署名控えるべき

 12月19日、カナダのトルドー首相は米中の通商合意について、中国で身柄を拘束されているカナダ人2人の釈放を保証する内容でなければ、米政府は署名すべきでないとの立場を示した。写真は拘束されたカナダ人企業家マイケル・スパバ氏と元外交官のマイケル・コブリグの解放を訴える人たち。5月8日、バンクーバーで撮影(2019年 ロイター/Lindsey Wasson)

[オタワ 19日 ロイター] - カナダのトルドー首相は19日、米中の通商合意について、中国で身柄を拘束されているカナダ人2人の釈放を保証する内容でなければ、米政府は署名すべきでないとの立場を示した。

中国当局は2018年12月にカナダ人企業家のマイケル・スパバ氏と元外交官のマイケル・コブリグ氏を拘束、安全保障を損ねる活動を行った容疑がかけられている。カナダ当局が米国の要請を受けて中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL] の孟晩舟・最高財務責任者(CFO)を逮捕した直後のことだった。

トルドー首相はケベック州のテレビ局TVAに対し、両氏の解放を中国に訴えるため、米政府と連携を取ってきたと述べたうえで、「孟晩舟氏と2人のカナダ人の問題を解決しない内容ならば、中国との最終的、包括的合意に米国は署名すべきでないとカナダは主張してきた」と述べた。

同首相の発言が、米中の「第1段階」通商合意なのか、あるいは「より包括的な合意」を指したのかは不明。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below