June 19, 2020 / 5:38 AM / 23 days ago

中国、拘束カナダ人2人をスパイ罪で起訴 カナダ首相「失望」

 6月19日、中国の検察当局は、2018年に拘束したカナダ人の元外交官マイケル・コブリグ氏と企業家のマイケル・スパバ氏を、スパイ容疑で起訴したと発表した。写真は北京で5月撮影(2020年 ロイター/Carlos Garcia Rawlins)

[北京 19日 ロイター] - 中国の検察当局は19日、2018年に拘束したカナダ人の元外交官マイケル・コブリグ氏と企業家のマイケル・スパバ氏をスパイ罪で起訴したと発表した。

2人の拘束は、カナダ当局が米国の要請を受けて中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の孟晩舟・最高財務責任者(CFO)を逮捕した直後に行われ、両国関係にきしみを生じさせた。

中国外務省は昨年12月に2人の捜査を終え、検察に同案件を送ったと発表していた。コブリグ氏とスパバ氏はそれぞれ、北京と北東部の遼寧省で起訴された。

カナダは2人の拘束は「恣意的」だと批判してきた。トルドー首相は起訴を受けて「非常に失望した」と表明。引き続き2人の釈放を求めていくと述べた。

中国検察当局がオンライン上で掲載した通知文によると、スパバ氏は国家機密に対するスパイと機密を中国国外の機関に違法に提供した罪で、コブリグ氏は中国国外の機関のために国家機密と機密情報に対するスパイ行為を行った罪で、それぞれ起訴された。

コブリグ氏は紛争解決を専門とする非政府組織「国際危機グループ(ICG)」で働いている。

ICGからは今のところコメントを得られていないが、ICGはこれまで同氏に対する嫌疑は「不明瞭で根拠がない」と訴えている。

スパバ氏は北朝鮮と深いつながりを持つ実業家。

*情報を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below