May 12, 2019 / 11:07 PM / 2 months ago

米国、中国との貿易戦争激化でも交渉有利にならず=環球時報

[12日 ロイター] - 中国共産党機関紙・人民日報傘下の有力国際情報紙「環球時報」は12日付の社説で、貿易戦争が激化しても米国は中国との交渉で有利にはならないとの見解を示した。ウェブサイト( here )で、米国は、中国が米中経済・貿易関係において一方的に恩恵を受けているとの「誤った判断」を下したと指摘。

「米国は双方の利益を誤解し、中国の耐久力を著しく過小評価している」とし、貿易戦争が激化すれば、中国との交渉でさらに有利になるとの「非現実的な考え」を抱くべきではないとけん制した。

さらに、中国の自信や根本的な関心事が「関税引き上げによって決して弱められることはない」と強調した。

同紙はまた「米国は中国の主権や尊厳を損ねる、あるいは著しく不平等かつ非現実的な条件を提示しようとした。これらの要求が交渉をより困難にした」と指摘。

その上で、中国は米中間の貿易収支の改善に必要な措置を取ることに前向きだとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below