October 22, 2019 / 3:08 AM / 23 days ago

米中、通商協議で一定の進展=中国外務次官

 10月22日、中国外務省の楽玉成次官は、中国と米国は通商協議で一定の進展を果たしたとし、米中が互いに尊重し合えば解決できない問題はないと述べた。北京で撮影(2019年 ロイター/Jason Lee)

[北京 22日 ロイター] - 中国外務省の楽玉成次官は22日、中国と米国は通商協議で一定の進展を果たしたとし、米中が互いに尊重し合えば解決できない問題はないと述べた。

楽外務次官は、北京で開催された安全保障関連の国際会議、香山フォーラムで、他国との協力なしに繁栄できる国はないと指摘。

世界は、米中が貿易戦争を終わらせることを望んでいるとし、国々の分断や新たな冷戦ではなく、開放性が求められていると述べた。

次官は「われわれが相互を尊重し、対等な協力を目指す限り、米中間で解決できない対立はない」と強調。

「中国が望んでいるのは、中国国民の生活向上を実現することだ。われわれは他者から何かを奪うことは望んでいない。中国が誰かに取って代わったり、脅威となるようなことはない」と語った。

次官は、米中は長年、協力を通じて多くを成し遂げてきたと主張し、こうした協力による成果を無駄にするわけにはいかないとした。

*内容を追加しました

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below