December 1, 2019 / 10:29 PM / 8 days ago

中国、米との「第1段階」通商合意で関税撤廃要求=環球時報

 12月1日、中国共産党機関紙・人民日報傘下の環球時報は、米国との「第1段階」の通商合意における中国の最優先事項は、米国による新たな関税の阻止ではなく、現在発動済みの関税の撤廃だと伝えた。2017年6月撮影(2019年 ロイター/Thomas White)

[北京 1日 ロイター] - 中国共産党機関紙・人民日報傘下の環球時報は1日、米国との「第1段階」の通商合意における中国の最優先事項は、米国による新たな関税の阻止ではなく、現在発動済みの関税の撤廃だと伝えた。

通商協議に詳しい複数の関係者が30日、同紙に対し、「米国は合意の一環として、計画している関税の見送りではなく、既存の関税を撤廃すべきだ」と語ったという。

また同紙が別の関係者の話として伝えたところによると、米当局者らは、関税は貿易戦争の唯一の武器で撤廃すれば「降伏」を意味するとして要求に応じない姿勢を示しているという。

米通商代表部(USTR)と米財務省は現時点でコメント要請に応じていない。

米国は12月15日に中国製品約1560億ドル相当に15%の追加関税を発動する予定だが、通商合意に至れば、この関税の発動は見送られるとみられている。

トランプ米大統領は先月26日、米中は貿易交渉の妥結に向け「最後の苦しみ」を味わっていると述べ、合意が近いとの認識を示した。[nL4N2863Y2]

その数日前には中国の習近平国家主席も、通商合意を望んでいると表明した。

ただ専門家やホワイトハウスに近い関係者は先月、中国が関税撤廃の拡大を求めていることから、合意が来年にずれ込む可能性を指摘している。[nL3N280458]

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below