for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国、第1段階通商合意の目標未達に 米12月の対中輸出が減少

[ワシントン 8日 ロイター] - 米国のモノの対中輸出が2021年12月に減少し、通年の対中貿易赤字は450億ドル拡大した。中国が第1段階の米中通商合意の目標を達成できなかったことが鮮明となった。

2月8日、米国のモノの対中輸出が2021年12月に減少し、通年の対中貿易赤字は450億ドル拡大した。中国が第1段階の米中通商合意の目標を達成できなかったことが鮮明となった。写真は2021年1月、北京で撮影(2022年 ロイター/Tingshu Wang)

米国勢調査局によると、米国のモノの対中貿易赤字は14.5%増の3553億ドルと、18年に記録した過去最大の4182億ドル以来の規模となった。

21年の中国からの輸入は前年比716億ドル(16.4%)拡大の5064億ドルと、18年以来の高水準に達した。同年の対中輸出も前年比266億ドル(21.3%)増加し、過去最大の1511億ドルとなった。

21年12月のモノの対中輸出は134億ドルと、前年同月の145億ドル、11月の161億ドルからそれぞれ減少した。

21年通年の対中輸出は拡大したものの、第1段階の米中通商合意に盛り込まれた目標の達成には至っていない。トランプ前米政権下で締結された合意では、中国が20─21年に米農産物、工業製品、エネルギー製品、サービスの購入を2000億ドル増やすことになっていた。

<追加購入なし>

ピーターソン国際経済研究所のエコノミスト、チャド・ボウン氏がまとめた21年米国勢調査局最終データの分析によると、中国の米製品・サービス購入は2年間の目標の57%にとどまった。

ボウン氏は、中国の米製品・エネルギー・サービスの購入は18─19年に報復関税により減少した後、目標の基準値である17年の水準にさえ達しなかったと指摘。

「中国は通商合意で約束した2000億ドルの追加購入を全く果たさなかったと言える」と述べた。

ボウン氏によると、農産物の購入は17年を上回ったが、2年間の目標(739億ドル)の83%にとどまった。

米国の対中サービス輸出は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で激減し、目標の52%相当だった。

米通商代表部(USTR)の報道官は「(目標未達について)中国とここ数カ月協議しているが、購入目標達成に向けた本格的な進展の兆しは見られず、われわれの忍耐が尽きつつある」と表明。

「交渉の結果がどうなろうと、中国の国家主導経済の中核的な問題に第1段階の合意で対処できなかったという事実は残る」とし、バイデン政権は米国の競争力強化、市場の多様化、中国の「有害な慣行」の影響抑制を通じて「中国を巡る環境を形作っていく」と述べた。

在ワシントンの中国大使館の報道官は、新型コロナウイルス、世界経済の後退、供給網混乱の影響にもかかわらず、中国は合意の履行で作業を進めてきたとし、「第1段階の合意は中国、米国、世界全体に利益をもたらす」と述べた。

USTRのビアンキ次席代表は先週、21年末が期限だった第1段階の米中通商合意について、中国が目標を達成しておらず、協議を続けていると明らかにした。

また、複数の米政府高官は7日、第1段階の米中通商合意に盛り込まれた目標を達成するための「具体的な行動」を中国政府に求めたことを明らかにした。[nL4N2UI1SM]

<遡及的な執行追求も>

通商合意には、具体的な目標は設定されていないものの、中国の購入は「22年から25年まで増加が続く」という両国の予測を示す条項が盛り込まれている。

USTR代表の首席補佐官として第1段階通商合意の交渉に関与したジェイミーソン・グリア氏はこの条項について、「目標未達分に対する遡及的な執行」を追求するために使用される可能性があると指摘。「執行追求は政権の利益となる」と述べた。

米商務省が8日発表した21年の貿易収支は、赤字が前年比27%増の8591億ドルと、前年の6767億ドルから拡大し、過去最大となった。企業が在庫を積み増す中、輸入が急増した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up