February 24, 2019 / 11:40 PM / 3 months ago

米中通商協議、合意内容の実行手段巡り議論

 2月24日、関係筋によると、米中通商協議の交渉担当者らは、構造問題などで進展がみられる中、合意内容をどのように実行に移すかという難しい問題を議論した。ワシントンで21日撮影(2019年 ロイター/Joshua Roberts)

[ワシントン 24日 ロイター] - 関係筋によると、米中通商協議の交渉担当者らは24日、構造問題などで進展がみられる中、合意内容をどのように実行に移すかという難しい問題を議論した。

24日は関税やコモディティーに関して協議し、全般的に進展しているという。

米政府当局者らは22日、通貨に関する合意がまとまったことを受け、協議を週末まで延長すると表明した。

トランプ米大統領は24日朝、ツイッターで協議の進展を称賛。「昨日の中国との協議は非常に生産的だった。きょうも継続する」と投稿した。

双方は協議の延長で、中国の国営企業、補助金、技術移転の強制、サイバー犯罪といった問題への対応を巡り意見の摺り合わせを目指している。

関係筋によると、中国側は依然として25日に帰国する予定という。

双方は合意内容の実行メカニズムについてまだ合意していない。米国は、中国の改革に向けた約束が完全に実行されるよう強固なメカニズムを求めている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below