July 24, 2019 / 2:57 PM / in a month

米中通商交渉、30日に上海で再開へ 閣僚が直接協議

ムニューシン米財務長官は24日、米通商交渉団が来週初めに訪中することを明らかにした。バージニア州アーリントンで昨年11月撮影(2019年 ロイター/Yuri Gripas)

[ワシントン 24日 ロイター] - 米中の通商交渉担当者が30日から上海で協議を再開すると、ホワイトハウスが24日明らかにした。両国間の貿易関係改善が狙いという。

ホワイトハウスによると、米側はムニューシン財務長官とライトハイザー通商代表部(USTR)代表、中国側は劉鶴副首相がそれぞれ交渉団を率いる。

議題は知的財産権や技術移転の強制、非関税障壁、農業、サービス、貿易赤字など広範な問題に及ぶという。

ムニューシン長官はCNBCとのインタビューで「来週進展を遂げることができれば朗報となる」とし、「進展を続けられることを願う」と述べた。

その後記者団に対し、「合意に至る前に複数回の協議が行われる」とし、「すべての問題を解消するとは想定しない。しかし、米中両首脳の指示に基づき、交渉の席に戻ったことに意義がある」と語った。「なお多くの問題が残されている」とも付け加えた。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below