March 22, 2018 / 5:20 PM / a month ago

EXCLUSIVE-中国、米関税に対応へ 保護主義に立ち向かう=WTO大使

[ジュネーブ 22日 ロイター] - 中国の世界貿易機関(WTO)大使、張向晨氏は22日、米国の関税に対し幅広い方策を用意しているとし、保護主義に立ち向かう考えを表明した。

ロイターの取材に、WTOへの申し立ても検討中と説明した。

米国は鉄鋼・アルミニウム関税について、国家安全保障上の観点からWTOで問題にならないとの期待を抱いているとされる。

これに対し大使は「米国の措置に本質的な国家安全保障上の論拠を見出す人はいない」「米高官でさえ、本当の理由を隠しきれていない」と述べた。

過去の判定で、米国がWTOの承認を得て措置を講じると約束しており、通商法301条に基づく課税を弁護することは難しいと予想した。

大使は「貿易戦争の気配も漂うが、われわれはなお多国間貿易システムを重視している」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below