April 2, 2019 / 5:48 PM / 22 days ago

米中通商合意の公算大、関税撤廃などで前進必要=商工会議所

[ワシントン 2日 ロイター] - 全米商工会議所の国際部門責任者、マイロン・ブリリアント氏は2日、米中通商合意実現の公算が大きくなったと指摘、履行の仕組みや中国製品への米関税撤廃計画を巡り今週の交渉で前進が必要との見方を示した。

米国が中国製品に課すすべての関税をまず撤廃しない限り、米国に一方的な報復権を認めた通商協定履行の仕組みに中国が同意する公算は小さいと指摘した。

仮に双方が今週合意に近づかなければ、合意時期が数週間ずれ込む可能性があるとも見通した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below