for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米中両国、相互に新たな関税を発動 残りは12月に実施

[北京 1日 ロイター] - 米国と中国は1日、互いの輸入品に対する追加関税を0401GMT(日本時間午後1時01分)に発動した。

米トランプ政権による対中制裁関税「第4弾」は、9月1日付で1250億ドル相当以上の中国からの輸入品を対象に15%の追加関税を課す。スマートスピーカー、ブルートゥースヘッドフォン、靴などが含まれる。携帯電話、ノート型パソコン、おもちゃ、衣類に対する追加関税は12月15日に発動する。

中国は報復措置として、米国から輸入する750億ドル相当の製品の一部に追加関税を課す。計5078品目のうち、9月1日付で1717品目に5─10%の追加関税を課す。残りは12月15日に発動する。

中国国営の新華社は「世界で唯一の超大国である米国は、相応の責任を負い、世界をより良く豊かにするために他国と協力する必要がある。その時初めて、米国は再び偉大になれる」とした。

また共産党機関紙「人民日報」は、関税が中国の発展を阻害することはできない、と指摘した。

トランプ米大統領は8月30日、米中の通商担当チームが交渉を続け、9月に会合を開くと述べた上で、予定通り9月1日に対中関税を発動する方針を示していた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up