July 6, 2018 / 5:37 AM / 4 months ago

米の対中関税発動こうみる:さらなる追加関税を警戒=ウエストパック

[シンガポール 6日 ロイター] - <ウエストパック(シドニー)のシニア為替ストラテジスト、ショーン・キャロウ氏>

関税の影響を織り込む時間が市場にはこれまで十分にあった。ほとんどの投資家は通商摩擦がどこに向かっているかを警戒しているが、一方で、この段階の措置が米国か中国のどちらかの企業の収益もしくは成長に大きな影響を及ぼす可能性は低い、との指摘もある。

人民銀行が引き続き為替の安定を重視すると表明していることから、米ドル/人民元相場が短期的に反応する可能性は低いとみられる。

ただ、この段階の関税を単に無視するのは楽観的過ぎるようだ。トランプ米大統領の6月18日の声明は、きょうの予想通りの行動に加え、米国が中国からの最大4000億ドルの輸入品に追加関税を課す可能性を示している。

通商問題に対するトランプ氏のこれまでの姿勢や選挙戦での保護貿易主義的な公約、11月中間選挙に向けトランプ氏の支持基盤が引き続き同氏を支えていることを示す世論調査を踏まえると、追加関税の可能性を深刻に受け止めるべきだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below