July 25, 2019 / 6:04 PM / 23 days ago

米農家支援第2弾、エーカー当たり15ー150ドル支給 8月中に開始

[ワシントン 25日 ロイター] - 米政府が米中貿易摩擦の影響で損害を受けた農家に支給する新たな支援金は、1エーカー当たり15ドルから150ドルで、8月中旬か下旬に支給を開始する予定だ。複数の農務省当局者が25日明らかにした。

パーデュー農務長官は、農家が米中貿易摩擦の悪影響を過度に受ける中で、追加支援は妥当と指摘。「彼らは(貿易戦争の)最前線で戦っている」として理解を示した。

米国の農産物輸出の中でも稼ぎ頭である大豆は、対中輸出が昨年、16年ぶりの水準に落ち込んだ。こうした中、政府は23日、昨年の120億ドルに続き160億ドルの農家支援策を発表。直接支給額は145億ドル相当になるとし、3段階に分けて実施する方針を示した。ただし農家への支給率については作物の種類ではなく、農家の場所に基づいて決定するとした。

受給申請の受け付けは29日に開始し、12月6日が締め切りとなる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below