January 17, 2020 / 7:01 PM / a month ago

米中合意で不確実性低減へ、完全には払拭されず=IMF専務理事

[ワシントン 17日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のゲオルギエバ専務理事は17日、米中が今週署名した「第1段階」通商合意について、世界経済の圧迫要因となる不確実性の低減にはつながるものの、完全には払拭されないという見方を示した。

専務理事は、第1段階の合意は暫定的な内容にすぎないとした上で「足元、不確実性がやや低減しているようだが、払拭はされていない」と指摘。また合意を受け「中国の今年の経済成長率は6%近辺になる」と予想した。

中国の2019年の国内総生産(GDP)成長率は6.1%で、1990年以来29年ぶりの低水準にとどまった。

IMFは20日に最新の経済見通しを公表する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below