December 4, 2019 / 9:43 AM / 8 days ago

クシュナー氏、米中貿易交渉への関与強める=関係筋

11月4日、複数の関係筋によると、トランプ米大統領の娘婿であるジャレッド・クシュナー大統領上級顧問(写真)が、過去2週間で米中貿易交渉への直接的な関与を強めている。ワシントンで5月撮影(2019年 ロイター/Yuri Gripas)

[ワシントン 4日 ロイター] - 複数の関係筋によると、トランプ米大統領の娘婿であるジャレッド・クシュナー大統領上級顧問が、過去2週間で米中貿易交渉への直接的な関与を強めている。

米中交渉はライトハイザー通商代表部(USTR)代表とムニューシン財務長官が主導しているが、クシュナー氏は「当初から交渉に関わり、両氏に全面協力し両氏を支えている」(ホワイトハウス当局者)という。

通商分野の専門家によると、クシュナー氏は崔天凱・駐米中国大使とも複数回会っており、水面下での交渉ルートを確立している。

クシュナー氏は北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉で影の立役者となった。ライトハイザー代表は記者団に対し「ジャレッドでなければこの合意は実現しなかった」と発言。メキシコのビデガライ外相(当時)も、クシュナー氏が両国関係の修復に一度ならず貢献したと述べている。

クシュナー氏は過去3年間、中東和平計画、移民政策、オピオイド(医療用鎮痛剤)中毒問題など、政権の様々な課題に関与してきたが、 ロス米商務長官は3日、中国との通商協議について、合意時期より適切な合意をまとめるほうが重要だと語っており、合意の成立は難しい可能性もある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below