January 17, 2020 / 12:05 AM / a month ago

中国の米産LNG輸入、急拡大の可能性低い見通し 関税据え置きで

1月16日、アナリストやトレーダーは貿易協議の「第1段階合意」として中国が米国からエネルギーの購入を拡大することで合意したものの、中国による米国産液化天然ガス(LNG)輸入が急増する可能性は低いとの見方を示した。写真は2018年7月、中国大連港のドックを離れるLNGタンカー(2020年 ロイター/Chen Aizhu)

[シンガポール 16日 ロイター] - アナリストやトレーダーは16日、貿易協議の「第1段階合意」として中国が米国からエネルギーの購入を拡大することで合意したものの、中国による米国産液化天然ガス(LNG)輸入が急増する可能性は低いとの見方を示した。

中国は今後2年間でLNGを含め524億ドル相当のエネルギー輸入を増やすと公約した。ただ中国は、米国産LNGに課している関税25%を現時点では撤廃しない方針。昨年関税率が引き上げられた際、米国産LNG価格は上昇し、販売も減少した。

エネルギー調査会社ウッドマッケンジーのアジア・太平洋地域の幹部、ギャビン・トンプソン氏は「関税率が据え置かれたままでは、中国が米国産LNGの輸入を大幅に増やすのは難しい」と指摘した。

アナリストらによると、今後2年間の中国のLNG需要は、既に契約済みの分を除くと、年間約1500万─2500万トンとなる見込み。中国が関税率を据え置いたままで全ての需要を米国でカバーしたとしても、米国からのエネルギー輸入額は約110億─120億ドル増にとどまり、「第1段階」合意の目標値の20%にすぎないという。

またアナリストやトレーダーらは、アジアのスポット取引価格に言及し、関税が撤廃されたとしても、米国産LNG価格はアジア地域に比べ100万BTU(英国熱量単位)あたり約1.5─2.50ドル割高だとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below