May 17, 2019 / 5:30 AM / 2 months ago

米国、中国との通商協議に対する「誠意なし」=中国国営メディア

[北京 17日 ロイター] - 中国国営メディアのソーシャルメディアアカウントは、米国は中国との通商協議を再開したいという真摯な態度が見られず、最近の動きにより協議に向けた機運を損なっているとの認識を示した。

経済日報が運営する微信(ウィーチャット)のアカウント「陶然筆記」が16日遅くの投稿で、誠意がなければ協議の意味はなく、協議する中身もないと指摘。この投稿は中国共産党機関紙の人民日報に再投稿された。

同投稿は「米国側は協議を望むと言いつつ、それと同時にちょっとしたごまかしをし続けており、協議に向けた機運を損ねている」と指摘。「米国に何ら本質的な協議に向けた誠意を見ることはできない」とした上で、「米国側が中国人民の意見を無視すれば、残念ながらもはや中国から有効な反応は得られないだろう」とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below