September 18, 2018 / 9:01 AM / a month ago

米の対中関税第3弾、レアアースなどを適用除外

[北京 18日 ロイター] - 米国は対中関税第3弾の適用対象から、レアアース(希土類元素)およびレアメタル(希少金属)を除外した。

米地質調査所(USGS)によると、中国はレアアースの生産国として世界最大。またレアアースの対米輸出も最大という。

レアアースやレアメタルは米国においてジェット・エンジンや携帯電話、石油・ガス掘削などの業界で幅広く用いられている。

米通商代表部(USTR)が7月に公表した関税対象リストでは、レアメタルやレアアース、レアアースの酸化物、塩化物などが含まれていたが、17日に公表された追加関税対象リストにはレアアースは含まれていない。

レアアース酸化物であるネオジムやプラセオジムなど永久磁石の材料もリストから除外された。

ビスマス、チタニウム、コバルトなどハイテク産業で使われるレアメタルの一部は引き続き関税対象リストに入っているが、バライトやアンチモンは含まれていない。製鋼やリチウムイオン電池に用いられる天然黒鉛も除外された。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below