April 9, 2018 / 9:52 AM / 3 months ago

一国主義と保護貿易主義に反対すべき=中国の李克強首相

[北京 9日 ロイター] - 中国の李克強首相は、一国主義の下での貿易戦争は、二国間の利益だけでなく世界共通の利益を損なうとの見解を示した。国務院(内閣に相当)が9日、声明文を公表した。

 4月9日、中国の李克強首相は、一国主義の下での貿易戦争は、二国間の利益だけでなく世界共通の利益を損なうとの見解を示した。写真は北京で3月撮影(2018年 ロイター/Jason Lee)

李首相は8日、北京を訪問中のグテレス国連事務総長に対し、世界の経済情勢が不透明な中で一国主義と保護貿易主義に反対する必要があると主張。多国間の自由貿易に異議を唱えることは、世界の平和と安定を脅かすだろうと警告した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below