for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米中が通商協定で電話協議、一部分野での合意を確認=中国商務省

 10月26日、中国商務省は、劉鶴副首相が25日夜に米国の通商協定についてライトハイザー通商代表部(USTR)代表およびムニューシン財務長官と電話協議を行い、両国がいくつかの部分について実務的な調整が完了したと発表した。7月撮影(2019年 ロイター/Aly Song)

[上海 26日 ロイター] - 中国商務省は26日、劉鶴副首相が25日夜に米国の通商協定についてライトハイザー通商代表部(USTR)代表およびムニューシン財務長官と電話協議を行い、両国がいくつかの部分について実務的な調整が完了したと発表した。

商務省の声明によると、米国が中国から調理済み鶏肉とナマズ製品を輸入し、中国が米国産鶏肉の輸入禁止を解除することで合意した。肉製品に対する公衆衛生の情報システム導入についても合意した。

同省によると、近いうちに閣僚級で再度電話協議を行い、交渉を継続する方針。

電話協議には鍾山商務相、中国人民銀行の易綱総裁、国家発展改革委員会の寧吉喆副主任が参加した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up