for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米、対中関税引き下げ検討 物価と競争の対応で均衡必要=財務副長官

アデエモ米財務副長官は31日、バイデン政権が中国製品の一部関税引き下げを巡り検討しているとしつつも、、高インフレに対応するという目先の目標と中国の不公正な競争に対処するという長期的な目的のバランスを取る必要があるという認識を示した。1月撮影(2022年 ロイター/Aly Song)

[ワシントン 31日 ロイター] - アデエモ米財務副長官は31日、バイデン政権が中国製品の一部関税引き下げを巡り検討しているとしつつも、高インフレに対応するという目先の目標と中国の不公正な競争に対処するという長期的な目的のバランスを取る必要があるという認識を示した。

アデエモ氏はCNNとのインタビューで「関税に関し、どのように対処すべきか積極的に検討している」とし、「大統領が持続可能な方法でコストを押し下げるためにあらゆる措置を講じることにコミットしていると、米国民に理解してもらいたい」と語った。

バイデン大統領は31日、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長と会談し、約40年ぶりの高水準に達しているインフレについて協議する予定。

アデエモ氏はさらに、バイデン政権がエネルギー生産拡大や連邦政府の赤字削減など、インフレ抑制に向け可能な限りの措置を講じ、「FRBが時間とともにインフレを確実に低下させるために必要な余地を与える」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up