June 16, 2019 / 10:37 PM / 3 months ago

米国、対中関税「第4弾」公聴会を開始へ

[ワシントン 14日 ロイター] - 米通商代表部(USTR)は14日、総額3000億ドルの中国製品に対する第4弾の制裁関税について、17日から25日まで公聴会を開催すると発表した。公聴会には、米国の小売り業者やメーカーの代表などが出席する予定。

公聴会終了後には7日間にわたる反論意見の募集期間が設けられており、第4弾の関税は来月2日まで発動できない。

第4弾の対象には、携帯電話、ノートパソコン、玩具、ビデオゲーム機、テレビ、衣料、履物などが含まれており、発動されれば、消費財が大きな影響を受ける。

公聴会に出席するのは、家電量販店大手ベスト・バイ(BBY.N)、玩具大手のハスブロ(HAS.O)、掃除機メーカーのアイロボット(IRBT.O)の代表など300人以上。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below