May 13, 2019 / 1:58 PM / 2 months ago

UPDATE 2-中国が対米報復関税、600億ドル分に最大25% 6月1日から

(内容を追加します。)

[香港/北京 13日 ロイター] - 中国は13日、米国からの600億ドル相当の輸入品に対する追加関税を最大25%に引き上げる方針を発表した。米政府が10日に発表した対中関税引き上げに対する報復措置で、米中貿易摩擦は一層エスカレートする様相を呈している。

中国財政省によると、米国から輸入する5140品目を対象とし、6月1日から適用する。中国は昨年9月、米国が発動した追加関税への報復措置として、600億ドル分の米国製品に対し5%および10%の関税を上乗せ。今回はこの税率を5─25%とする。

液化天然ガスや大豆、落花生油、石油化学製品、冷凍野菜、化粧品など2493品目に対する追加関税は25%に、その他の1078品目は20%とする。ただ、原油や大型航空機などは、今回の追加関税の対象には含まれていない。

財政省は声明で「追加関税の調整は、米国の一国主義と保護主義への対応」と言明。「米国が二国間の貿易および経済協議の正しい軌道に戻り、中国に歩み寄ることを望む」と表明した。

中国の発表に先立ち、トランプ米大統領はこの日、貿易戦争を激化させないよう中国をけん制。ツイッターへの投稿で「中国は報復すべきでない。さもなくば、状況は悪化するだけだ!」と述べた。

さらに、習近平・中国国家主席らに、通商協議で合意しなければ「中国に悪影響が及ぶ」ことを明確に伝えたとし、「素晴らしい合意に近付いていたにもかかわらず、中国は考えを翻した!」と批判した。

米政府は前週、中国からの2000億ドル相当の輸入品に対する関税を10%から25%に引き上げ。5700品目以上が対象となった。トランプ大統領は新たに3250億ドル相当の中国製品に追加関税を発動する手続きを始めたことも明らかにしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below