for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トランプ米大統領、対中貿易巡る対応を擁護 「合意は近い」

[ワシントン 14日 ロイター] - トランプ米大統領は14日、中国との貿易合意は近いとの考えを示し、対中貿易を巡る対応を擁護した。米中の関税合戦が激化の様相を呈する中、世界の金融市場では動揺が広がっている。

トランプ大統領はこの日発信した一連のツイッターへの投稿で、「米国第一主義」をあらためて強調。中国と通商合意に至らなかったことで「われわれははるかに良い状況にある」とし、米国が発動した対中関税引き上げを擁護した。

中国とすぐにでも合意することは可能としつつも、交渉で再度痛い目にあうことは避けたいと述べ、合意間近に交渉をやり直そうとした中国を批判。その上で「適時に中国と合意する」とし、「考えられているよりも早期に合意に達するだろう!」と述べた。

さらに、貿易摩擦を背景に中国が政策金利を引き下げれば、米連邦準備理事会(FRB)がそれに追従する可能性があるともコメントした。

また、農家を視野に「中国が米国の素晴らしい農産物の購入を続けることを願うが、そうでなくても、米国はそれを補うことができる」と強調した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up