July 12, 2018 / 3:43 PM / 2 months ago

米の関税は通商いじめ、話し合うには「銃下ろす必要」=中国商務次官

[ジュネーブ 12日 ロイター] - 中国商務省の王受文次官は12日、貿易戦争を始めたのは米国であり、中国は身を守ると述べた。

次官は世界貿易機関(WTO)本部で記者団に対し、米国の関税は「通商いじめ」であり、話し合いをするには、中国の「頭に向けた銃を下ろす」必要があるとした。

その上で「われわれがこれまで話し合いを重ねた結果、協議は順調に進んでいたのに、相手はそうした成果を無視し、一方的に貿易戦争を始めた」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below