November 17, 2015 / 11:24 PM / 5 years ago

米議会のTPP採決、オバマ大統領在任中は見込み薄

 11月17日、米共和党の一部議員や側近の話によると、米議会がオバマ大統領在任中にTPP批准に向けた採決を行う可能性は低い。写真はオバマ大統領、トルコ・アンタルヤで16日撮影(2015年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 17日 ロイター] - 米共和党の一部議員や側近の話によると、米議会がオバマ大統領在任中に環太平洋連携協定(TPP)批准に向けた採決を行う可能性は低い。

上院共和党のある側近が匿名を条件に述べたところでは、共和党指導部は2016年11月の米大統領選挙の後まで、TPPを棚上げする意向だという。オバマ政権は来年上半期のTPP採決を目指している。

この側近はまた、上院共和党の一般議員は大半が、オバマ大統領が日本などの11カ国と交渉したTPPを支持していないと指摘した。

上院財政委員会のハッチ委員長は17日、ロイターに対し「(TPP問題が)2016年までに解決できるとは思っていない」と述べた。

さらに、新大統領が就任する前の来年末の議会で「TPPを審議することは誰も望まない。おそらく先送りとなるのではないか」とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below