June 20, 2018 / 3:50 PM / 5 months ago

EU、米国への報復関税を22日発動 32億ドル規模

 6月20日、EU欧州委員会は、米国の鉄鋼・アルミニウム輸入関税への対抗措置として、22日から農産物などの米製品に25%の関税を課すと発表した。写真はEU旗と米国旗。ブリュッセルで昨年2月撮影(2018年 ロイター/Francois Lenoir)

[ブリュッセル 20日 ロイター] - 欧州連合(EU)の欧州委員会は20日、米国の鉄鋼・アルミニウム輸入関税への対抗措置として、22日から農産物などの米製品に25%の関税を課すと発表した。

総額28億ユーロ(32億ドル)相当で、対象品目には鉄鋼・アルミ製品のほか、トウモロコシや落花生などの農産物、バーボン、ジーンズ、バイクなども含まれる。

欧州委のマルストローム委員(通商担当)は声明で、こうした措置は望んでいないとはしながらも、米国の「一方的で正当化されない」決定でEUの選択肢がなくなったと説明。

今回の措置は世界貿易機関(WTO)のルールにのっとったもので、米政府が関税措置を撤回すれば、EUも撤回するとした。

EUはこのほか、今後3年間で米製品に課す可能性がある36億ユーロ相当の追加関税についても準備している。

*カテゴリーを追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below