May 30, 2018 / 10:46 AM / 3 months ago

米とEU、関税があっても通商交渉は可能=米商務長官

[パリ 30日 ロイター] - ロス米商務長官は30日、米国が欧州連合(EU)域内から輸入される鉄鋼とアルミニウムに関税を適用したとしても、米国とEUはなお市場開放について交渉することが可能との認識を示した。

EUは今月、米政府が輸入制限措置の適用を完全に除外することを前提に、米国との協議に応じる方針で合意した。現在は暫定的な適用除外の対象になっているが、除外の期限は6月1日に切れる。

ロス長官は経済協力開発機構(OECD)のパネルに出席し、「関税があってもなくても交渉は可能だ。EUがわれわれに課している関税はたくさんある。関税があるという理由だけで話し合えないということはない」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below