for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

EU、米に報復関税 航空機補助金巡り「進展見られず」

[ブリュッセル/ベルリン 9日 ロイター] - 欧州連合(EU)は9日、米政府による航空機大手ボーイングへの補助金に対抗する措置として、10日から航空機や航空機部品を含む40億ドル相当の米輸入品に対して報復関税を課すと発表した。

欧州委員会のドムブロフスキス副委員長は会見で「長引くこの問題を解決したいと、あらゆる段階で明確にしてきたが、残念ながら努力のかいなく、米国側に進展が見られないため、対抗措置を講じることにした」と述べた。

報復関税には、航空機に対する15%の追加関税や、米国産の農産物や工業製品に対する25%の追加関税などが含まれる。

世界貿易機関(WTO)の紛争処理機関(DSB)は先月、EUによる対米報復関税を正式に承認していた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up