for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米新政権、EUアルミ・鉄鋼関税撤回を=在米EU大使

在米欧州連合(EU)代表部のスタブロス・ランブリニディス大使は27日、米国のバイデン新政権に対し、EUから輸入するアルミニウムと鉄鋼に対し導入された関税を直ちに撤回するよう呼び掛けた。ブリュッセルの欧州委員会で2017年2月撮影(2021年 ロイター/Francois Lenoir)

[ワシントン 27日 ロイター] - 在米欧州連合(EU)代表部のスタブロス・ランブリニディス大使は27日、米国のバイデン新政権に対し、EUから輸入するアルミニウムと鉄鋼に対し導入された関税を直ちに撤回するよう呼び掛けた。

トランプ前米政権は、国家安全保障を理由に大統領が輸入制限を課せる通商拡大法232条に基づき、アルミニウムと鉄鋼に対する関税を導入。ランブリニディス大使は米国商工会議所が開催したオンラインイベントで、米国が同関税措置を撤回すれば、EUも直ちに報復関税措置を解除すると述べ、実現すれば米国とEU双方の多くの産業部門が恩恵を受けると述べた。

さらに、EUには「欧州の要塞」を築く意向はないとし、米国との通商関係を強化する用意があると表明。サイバーセキュリティー、人工知能(AI)、輸出規制、投資監査などの分野に対応する通商と技術に関する委員会の設立を提案したと明らかにし、EUはバイデン新政権と気候変動やイラン核合意を巡る問題のほか、世界貿易機関(WTO)などの国際機関の改革で協力していくと語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up