July 3, 2019 / 1:30 AM / 20 days ago

英スコッチウイスキー協会、米欧に貿易摩擦解消を求める

 7月2日、英スコッチウイスキー協会とスコットランド行政府は、米国と欧州連合(EU)に貿易摩擦を解消するよう求めた。写真は店の棚に並ぶスコッチウィスキー。スイスのローザンヌで2017年5月に撮影(2019年 ロイター/DENIS BALIBOUSE)

[ロンドン 2日 ロイター] - 英スコッチウイスキー協会とスコットランド行政府は2日、米国と欧州連合(EU)に貿易摩擦を解消するよう求めた。

米通商代表部(USTR)は1日、欧州の航空機大手エアバスへのEU補助金を巡り報復関税を課す可能性のある40億ドル相当の追加品目リストを公表。オリーブやイタリア産チーズ、スコッチウイスキーなどさまざまな食品や酒類が盛り込まれた。

スコッチウイスキー協会の広報担当者は「米国向けスコッチウイスキー輸出は過去20年にわたり無関税だった。対立に巻き込まれたことは遺憾だ」と述べた。その上で、英米政府とEUに事態の打開を引き続き求めるとした。

2018年の英ウイスキー輸出額は47億ポンド(57億ドル)と、食品・飲料輸出の中で最大となった。このうち米国向けは10億ポンドを超え、最大の輸出先だった。

スコットランド行政府も、米欧の対立にスコッチウイスキーが巻き込まれたことを「深く懸念」しているとし、「スコッチウイスキーが米国とEUの長年の対立の巻き添え被害を受けないよう、英政府に対しEUに早急に陳情を行うよう求める」と表明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below