March 11, 2018 / 10:32 PM / 9 months ago

日欧、米国に輸入制限の適用免除を要求

 3月10日、日本とEUは、米国が発動を決定した鉄鋼・アルミ輸入制限について、適用の免除を米国に要求した。マルムストロム欧州委員(中央)、ライトハイザー米通商代表と世耕経産相、ブリュッセルで撮影(2018年 ロイター/Stephanie Lecocq/Pool)

[ブリュッセル 10日 ロイター] - 日本と欧州連合(EU)は10日、米国が発動を決定した鉄鋼・アルミ輸入制限について、適用の免除を米国に要求した。同日の会合には、世耕弘成経済産業相、マルムストロム欧州委員、ライトハイザー米通商代表が出席。

世耕氏は冷静な対応を求めた。

日欧は、今後も協議を継続する必要があるとの立場を表明。マルムストロム委員はライトハイザー代表と「率直な」協議を行ったとした上で、適用免除の手続きが明らかになっていないとの認識を示した。

協議は次週も続けられる。

世耕氏は、ライトハイザー氏に日本側の懸念を伝え、市場が混乱するリスクを指摘したことを明らかにした。ライトハイザー氏からは対日貿易赤字に関する話はなく、日程と手続きの説明しかなかったという。

世耕氏は、日本が対応措置を講じる場合は、世界貿易機関(WTO)のルールに沿ったものになるとの見通しを示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below