July 31, 2019 / 1:13 AM / 4 months ago

対中貿易戦争受けた米農業支援金、大半は大規模農家が受給=調査

7月30日、米政府が中国との貿易戦争の影響で損害を受けた国内農家に対して4月までに給付した84億ドルの補助金のうち、大半は大規模農家が受け取ったことが非営利団体の調査で明らかになった。写真は11日にニューヨークで撮影(2019年 ロイター/Lindsay Morris)

[ワシントン 30日 ロイター] - 米政府が中国との貿易戦争の影響で損害を受けた国内農家に対して4月までに給付した84億ドルの補助金のうち、大半は大規模農家が受け取ったことが非営利団体の調査で明らかになった。

補助金の半分以上は上位10%の農家が受け取った。上位1%の農家がそれぞれ受け取った額は平均で18万ドルだったのに対して、下位80%が受け取った額は5000ドル以下だった。

ワシントンに拠点を置くEnvironmental Working Group(EWG)が情報公開法に基づき農務省にデータ公開を要請し調査した。ロイターはこの内容を単独では検証していない。

EWGは「トランプ大統領の貿易戦争の影響を相殺することが目的である農家向け補助金は、最も規模が大きく成功している農家を中心に支払われた」と指摘した。

農務省の報道官は、各農家の個別の農作物に基づき補助金を支払ったとし、耕作するエーカー数や1エーカー当たりの生産高が大きければ大きいほど補助金の額は多くなる」と説明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below